タクシー運転手のさとしょーがお送りするブログ

日常、学びなど様々な事を発信していきます。

おかげさまで、二人に感謝です。

 

f:id:satosho0629:20180919015849j:image

(合流前の写真がかわしーから。笑)

 

9月16日は、菊地さん以来のたくしょーでした。

(もともと予約いただいた方は、相手の事情、こちらの事情でご乗車出来なくなってしまいました。)

 

 

西野さんのサロンで、一番会ってるであろうとからっち

 

 

 

 

 

千尋さんの青い服を作り、結婚フェスの時にあやさんのドレスを手掛けたかわしー

 

 

 

新幹線のある駅が目的地でした。

からっちが自分の家に帰る為に。

 

2人の飲み終わりに昨日の21時待ち合わせして、休日だったので道は空いていたので、あっという間に目的地に到着しました。

 

僕は今回ほぼ喋ってません。笑

理由はそのことを知ってる人は知ってるはずです。

 

それでも乗ってくれたことには変わりありませんので、乗ってくれてありがとう(*^^*)

 

いつもサイコロも写真も忘れてしまいました。笑

レターそっと送りました。

 

たくしょー 9月19日(火) 3/100

神奈川県が都会だねは幻

 

昨日は仕事が終わり、実家に用事がある為、2ヶ月ぶりに神奈川の実家帰ります。

 

神奈川県は横浜駅、川崎駅周辺は確かに都会のような感じです。ただ、一歩離れれば緑も田んぼも畑もあるところは割とたくさんあります。笑

 

新しく拠点を構えた実家には、まだ3回ほどしか帰っていなくて、まだ自分の実家にそんなに慣れてません。(3回なのは、今年の3月から新しい実家になった為)

 

 

家族構成

父(義)、母、さとしょー、弟

 

この家族構成の発足は、まだ1年は経っていません。

さとしょーは父とも母とも弟も仲は良くて、帰っていたら話します。

前も今もサラリーマン家庭。

最近なぜか母が幻冬社の箕輪さんに興味持ち始めて、帰る前まで死ぬカス読ませようと密かに計画中。

 

むしろ前の家族構成の時は、父は家庭のことを全く考えない、ようは結婚するより独身で生きていた方が良いんじゃないか?って感じの人、なので、母子家庭な感じです。

全分野で母に育てられたので、母、弟を大切にしています。

 

なので、両親ともに荒んだ状態だったら、こうしてブログを投稿も繋がってる皆さんとお会いできてないかもしれません。

 

父とも年の離れた兄貴のような友達感覚で、接しているので、変な気疲れとかはなく、楽しく話したり、たまにお酒を飲んだりします。

 

先ほども書きましたが、さとしょーの家は両親がサラリーマン家庭です。

 

僕ら兄弟は全く考え方が違います。

自分の理由は語れるけども、弟は知らない。笑

彼にも何かきっかけがあって、今バンドで必死にやってるだろうなぐらい。

 

離れてても繋がっているので、これからもみんなで健康には気をつけて、一人で何か抱え込まなければそれで良いです。

 

父からバースデープレゼントもらえた。

喜び!!!

 

f:id:satosho0629:20180918012330j:image

 

 

プルプルな〇〇って

 

f:id:satosho0629:20180917115800j:image

(笑顔がなく真顔で写真撮ってもらう。笑)

 

 

 

フットサルの筋肉痛を残しつつ、仕事を終わらせてきたさとしょーです。

 

起きて支度をして、仕事前にからっちが行きたいという浦安にある「プルプル食堂」に向かいました。

 

からっちと店長の白木さんがお知り合いみたいで、僕はただ付いていくという笑

 

駅からバスで向かう為にバスに乗り、千葉ルール?は、バス乗ってから行き先を行って、PASMOをタッチすると、まるで電子マネーを使う理由がなくなる珍プレーをかましています。

あとは、時間までバスは動かないというルールもあって、唖然とした。笑

 

東京、神奈川はそんなことしたことなかったので、改めて今回感じました。

 

バス乗って10分立たず、目的地の停留所で降りて、歩いてすぐのところに「プルプル食堂」があります。

 

すでに店内は14時近くをまわっていて、店内満席で、人が待っている状態。

 

待つこと数分、いよいよ店内に。

食券を買って少し待ってたら、お目当ての品が出てきました。

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:satosho0629:20180917004013j:image

 

豚丼&スープ

卵、シバマヨ、ネギ

↑全部好き。

 

 

 

 

f:id:satosho0629:20180917115901j:image

 

からっちセレクト

食べるコンディションを整えてから食べに行った方が良いと食べた本人が言ってました。

 

店長の白木さん少しお話しました。

外にいる時から

あれ?からっち?

入る前から気付かれるって凄いことだと素直に思いました。学び。

 

あまり話せなかったので、足を運んで白木さん、焼豚に会いに行きます。

焼豚カレー食べます。

イベントで新豊洲行く率高め

f:id:satosho0629:20180916145119j:image

 

7/29以来のフットサルを、昨日はフットサル大会に出るべく、新豊洲駅近くにあるフットサルコートへ。

プロのフットサル選手、中井さん主催のイベント

「名刺交換よりパス交換」

 

f:id:satosho0629:20180916144647j:image

 

結婚フェスぶりの新豊洲

 

メンバーは自分含めて12人。

よっしーの知り合い呼んでもらって、初めましての元気な現役大学生のぶ、写真の撮影スキルが高過ぎる彦さんが来てくれて、ありがとうございます。

 

リーダーという立場は想像以上に難しいと思い、メンバーに寄り添いしかできなかった。

出来たかも怪しい。  笑

 

自己紹介をしたり、

パスの練習もあまり出来ずに、チームは試合を迎えて圧倒的な強さの前で、必死に食らいつき、僕はゴールキーパーの際はフルぽんの村上さん状態で運動できない芸人の仲間入りを果たしました。笑

 

f:id:satosho0629:20180916145039j:image

 

下半身が限界が来て足がふらふらの中で、最後の最後まで動き奮闘しフットサル大会は終えました。

 

メンバーが怪我なく無事にフットサルを終えることができて本当に良かった。

来てくれてありがとうございました。

 

f:id:satosho0629:20180916145138j:image

(メンバーが用事で3人帰ってしまいました。)

 

 

門前仲町に移動してご飯とお酒を飲んで、スナックの勉強で、腹を満たしママに恋愛面のお叱りを受けて、ママからママの動きを盗み、ウチに2人が泊まることが確定しました。笑

 

f:id:satosho0629:20180916145537j:image

(のぶは別の用事でいません。)

 

スポーツは、体を動かすのは楽しいので、空いた時間で軽く運動は継続して、また別のスナックに行って勉強しにいく。

無限大の可能性がある、やらなきゃわからない

 

f:id:satosho0629:20180915121517j:image

(セブ島出発前のがーくん)

 

 

僕は、自分の事をショールーマーだと思ってます。

 

SHOWROOMの出会い

5月頃にざかしの影響で、僕はSHOWROOMと向き合い、ショールーマーとしてのスタートを、コラボ2回させてもらってから始めて菅野(セブ男)と浦安の魚民でやりました。

そのあとは、しほちゃん、るんちゃん、とし、さらくん、きくちさん、ナカシマサン、親友etc…

これからもコラボ配信はゲリラ配信で続けます。

 

僕のSHOWROOMの原点は「コラボ配信」だったので、この人からこのお話が聞きたいという方に、出演オファーを投げたらオファー許可をくれた人は、「良いよ。」と言ってもらえました。

 

実は、最近だと3人ぐらいしか声は掛けてません。

全く動けてないと思われても仕方ないです。

僕は、誰とでもコラボ配信したいわけでもありませんし、お互いのある程度の信頼関係がある人とやります。

TwitterFacebook、インスタ等だけでは、出演者の方のお話が届きにくいので。

 

もちろん、こちらはお願いしている立場なので、仕事、ご家庭、プライベートの配慮は必要不可欠なので、そちらをしっかり聞いた上でやらせていただきますので、そちらはご心配なくです。

 

最近もですが、さとしょーのSHOWROOMは、ゲリラ配信」なので、タイミング合った時に、お付き合いしてもらえればと思います。

 

行けると思って行けなかった時の申し訳ない気持ちだったり、日によって気疲れしてしまう事も予測されてしまうので、来れなかったからごめんとか僕のSHOWROOMには不要なので、ご安心を。

 

 

f:id:satosho0629:20180915121757j:image

 

 

 

今日は小雨の中で、新豊洲で、ほぼサロンメンバー、チームセブとフットサルやってきます。

人は一人では生きていけない

 

 

 

会社の身近な存在

共通の話題で、気にかけてくれるのは素直に嬉しいもので、昨日の仕事終わりに

 

「この前のセブ島どうだった?」

「次セブ島いつ行くの?」

「楽しんでこれた?」

 

と笑顔で僕がフィリピンに行った事を聞いてくれる会社の人に救われます。

奥様が出身がフィリピンという事もあって、定年後は奥様とフィリピンに移住を漠然と考えてるとお話ししてくれたり、

移住したらこういう事をやりたいと冗談を交えながらお話ししてくれたり、

娘たちが可愛いとご家族を大切されてる方で、お話聞いてると僕も気持ちが和みます。

 

お会いすると家族の話は必ずお話されているので、身近でご家族を大切にされてる方が、割合少ない方なので、大先輩から学ぶべきところをしっかり学んで盗みます。

 

そんな支えも少しもあるだけで、全然違うので、僕は応援してくれてる人には感謝しかありません。

 

最近、色んなことが続いてるけど、

それでもどんな事があっても負けない。

 

負けられない、確実に一歩一歩踏み込む。

 

 

SHOWROOMついて

最近はSHOWROOMが迷走気味なので、

原点に戻って準備ができ次第やります。

 

最近もそうですが、時間の告知はしません。

 

理由は2つあります。

1つめは、時間設定をかけると今日あの時間にさとしょーのSHOWROOMやるから行かなきゃいけないみたいな謎の義務感が発生してしまうので。

 

2つめは、最近周りでSHOWROOMやる人が増えているので、見にくる人を混乱させない為。

あのSHOWROOMも行きたい、このSHOWROOM行きたいと考えている人もいるので、そこは時間設定をかけて混乱を避ける為。

 

僕も仲間、知り合いのSHOWROOM見たりしますが、全部は見れないので、基本的に目に入ったもので、行ける時に行くスタンス。

ポルカの支援者の方へ

 

 

78支援者の方

 

ポルカ、リアルポルカ、カオリさんポルカで、フィリピンのセブ島に、行かせてくれてありがとうございました。

 

 

行って来て得たもの4つ。

 

①菅野に会わせてくれたこと

千葉県の自分の住んでる住所からのディズニーランドがあるところからフィリピンのセブ島までの距離は、約3252km(Google検索)

 

周りの遠距離恋愛してるカップル以上に遠距離してる方だと思うけど、人生の中で初めての経験。

 

LINEで電話出来ても、僕はLINE電話よりも直接会う事を大切にしていて、今回資金面を工面する為にポルカを使わせていただきました。

 

一生会えないわけではないので、今後もセブ島に行った時は、必ず顔を出します。

 

 

②語学 (個人的にはここが重要)

これは現地のフィリピン人、他国の英語圏内とコミュニケーションで、必ずぶち当たります。

 

まさにぶち当たり、前回セブ島に行った時は、知ってる人がずっといたから語学に問題ありませんでした。

 

今回は知ってる人がいる時、いない時と分かれていたので、当然わからない時は、何をしていいかわからない経験を得ました。

 

帰国してから英語としっかり向き合えるように少しずつ少しずつなってきています。

 

英語をマスターして、現地に来た人に寄り添える男になります。

 

③現地の幸せの基準

日本はものに溢れていて、 

 

「ご飯を食べること」

「電車乗ること」

「買い物できること」

 

などが当たり前になっていて、幸せの基準が当たり前になってるかと思います。

 

現地のフィリピン人の人は、

人によって小さいことに思えることでも、幸せだと思える心を持っていて、尚且つピュア。

 

そんな人達に触れていると、〇〇に幸せを感じたことなかったなぁ、昔は幸せを感じていたなぁっと記憶が蘇るような事も現地に行って、色んなことに触れると感じられると思います。

 

④現地の人の優しさ、心遣い

優しさ、心遣いが素晴らしく良かった。

移動中に台風のことを心配してくれたり。

 

ハバルハバル(バイク版タクシー)の事で、フィリピンでいう保険屋?、換金所?のお店の前で聞いたり、わからないことを丁寧に対応してくれて、その後にハバルハバルの運転手の方が、3台バイクが必要だと分かったら、すぐに対応してくれてたり。

 

アヤラモール(セブ島No.2のショッピングモール)

に入ってるオンデーズの店員さんのホスピタリティで、僕の眼鏡を新品同様にピカピカにしてくれて、眼鏡のネジ止めをしてもらったり。

お願い以上のことをやってくれたり、善意でやってる姿に感動しました。

 

最後に

僕が伝えたかったこと

「人には一人一人無限大の可能性がある」

僕、私なんてと否定的にならずに、越えなきゃいけない壁を一つずつ壊して目標に近づければ必ず目標に達成できます。

僕は、今回のポルカ一度諦め掛けましたが、仲間の力もあり何とか乗り越え金額達成をすることができました。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。